ヒプノセラピーとは

ヒプノセラピー・・・それは

ヒプノセラピー

「ヒプノセラピー」という名前を聞かれたことはありますか?

 

ヒプノセラピーとは日本語にすると「催眠療法」のこと。

 

催眠と暗示、イメージを用いて、あなたが普段気づかない「潜在意識」の

  • また○○してしまった
  • 気づいたら○○していた
  • なぜかいつも○○と感じる

という、理由のわからない感情や身体的な反応の原因を探り、新しい反応の仕方へプログラミングしなおすことで、あなたに肯定的な変化を促すことができるセラピー(療法)です。

 

それでは、もう少し詳しく「ヒプノセラピー(催眠療法)」について見ていきましょう。

 

 

催眠療法における「催眠」とは

催眠療法における「催眠」とは

まず「催眠」と聞くと、多くの人がイメージするのは「催眠術」。

 

テレビで見るように、催眠術師が観客へ催眠術をかける。

そうすると、術師の合図で観客が立ち上がったり、勝手に腕が上がったり、そのまま眠ると言うこともありますね。

 

でも、催眠療法の「催眠」とは、このようは状態ではありません。

 

どんな状態なのかというと、お風呂に入って湯船でゆったりつかっている時のイメージが近いでしょうか。

 

または、

 

あなたがテレビでスポーツ中継を見ていて、あたかも自分が選手の一人として球場やグラウンドに存在しているように感じたことはありませんか?

 

ゲームや映画、ドラマを見ていて、登場人物になりきっていたような経験はないでしょうか?

 

このような状態も「催眠」の状態なのです。

 

ということは、、、思い出してみてください。

あなたは催眠状態にあっても、意識ははっきりとしていたはず。

 

湯船の中でも外から届く音は聞こえていたでしょう。

テレビで中継を見ているとき、トイレに行きたくなって立ち上がったはず。

映画を観ていて入り込んでいても、鼻が痒くなったら掻いたと思います。

 

このように「ヒプノセラピー(催眠療法)」における「催眠」の状態とは、

  • 心の緊張がほぐれている
  • 不必要な抵抗がなくなっている
  • 普段よりも格段に自分の内面に集中している

そして、ちゃんと自分の意識がある状態なのです。

 

さらに、

  • この状態にあることで、今のあなたに必要な「潜在意識」の記憶が思い出されることが増えます。
  • イメージが浮かんでくることも増えてきます。
  • 抑し込めていた記憶や感情を思い出すこともあります。

交感神経と副交感神経のバランスが整った状態でもありますから、生理的には非常に高いリラクゼーション効果を生みだし、自律神経や自己免疫機能を調整する作用もあると言われています。

 

催眠療法の特徴

催眠療法の特徴

次にヒプノセラピー(催眠療法)の特徴をお話します。

 

最も私たちにうれしいことは、薬物療法のような副作用がないことでしょう。

 

身体への負担も少なく、年齢や体力の条件に左右されることも、ほとんどありません。

 

また、比較的短期間で効果が期待できるのも特徴と言えます。

 

さらに、繰り返して体験することで、自分自身で催眠状態へ入ることもできます。

経験を積めば自宅でいつでも「ヒプノセラピー」をあなた自身が行うことも可能です。

 

ヒプノセラピー(催眠療法)の歴史

ヒプノセラピー(催眠療法)の歴史

このようなヒプノセラピーですが、いったいいつから存在したのでしょう。

 

歴史を紐とくと、ヒプノセラピーの歴史は古いことがわかります。

有史以前のエジプトやギリシャで、病気の治療に用いられたと言われています。

 

近代では、18~19世紀に活躍したドイツ人医学者「フランツ・アントン・メスメル」にはじまり、スコットランド人医師「ジェイムズ・ブレイド」により催眠が解明され、ヒプノセラピー(催眠療法)の基礎が築かれました。

 

後の1955年、英国医師会により、心の病に対する有効な治療方法として認められたことが発端となりアメリカへ療法が渡ります。

 

3年後の1958年に米国医師会。

1960年には米国心理学会。

1962年には米国精神医学会。

 

これら権威のある医師たちが参加する団体から、科学的見地による有効性がある療法として、ヒプノセラピー(催眠療法)を認めました。

 

その後は、ヒプノセラピーで有名な「ブライアン・ワイズ博士」に至り、現在から未来へ向けて新たな可能性や科学的証明を元に、大きな注目が集まっています。

 

 

ヒプノセラピー(催眠療法)の手法

ヒプノセラピー(催眠療法)の手法

ヒプノセラピーには、悩みの原因を記憶から探すために、大きくわけると3つの手法があります。

 

それぞれの手法をお話していきます。

 

【退行のセラピー】

催眠状態で、潜在意識にプログラミングされた過去の体験や経験にさかのぼることで、問題の根本原因を探ります。

そして、抑圧された感情や、否定的な考え、制限してしまった理由を見つけ解放します。

【暗示のセラピー】

わたしたちは日常的に「暗示」を受け続けています。

でも、無意識に受け続けているので理解していません。

 

では、どんなところで無意識に「暗示」を受けているのかというと

  • 幼いころに親に言われたこと
  • 学校の先生に言われたこと
  • テレビを通して聞いたこと
  • 間違ったイメージが送られたコマーシャル
  • 口癖になった独り言
  • 友人から聞く言葉
  • 同僚から聞く愚痴

このような「暗示」を浴び続けているため、知らない間に私たちの「潜在意識」へプログラミングされていきます。

そしてプログラミングされたことが、私たちの考え方や行動に影響を及ぼし、本来の自分らしい生き方を制限してしまっているのです。

 

そこでヒプノセラピーでは、あなたに最適な「暗示」を新しいプログラムとしてインストールすることで、あなたの思考や行動の制限を解放します。

【イメージのセラピー】

私たちは五感をフルに活用して日々生活しています。

 

そして日々、五感から受け取るイメージが、私たちの未来を作っていることは、あなたもご存知のことでしょう。

 

ですから、五感を駆使し、あなたが成功するイメージを潜在意識へインストールすることで、望む結果に近づくようにするのがこの手法。

 

イメージを使った手法は、スポーツ選手のメンタル強化でも使われています。

 

では、続いて「ヒプノセラピー(催眠療法)」を受けるとあなたはどうなれるのか。

どんなことが起こるのか。なぜ受けた方がいいのかをお話します。

 

 

こんなお悩みありませんか?

  • いつも特定の人へ過敏に反応して関係がギクシャクする。
  • 周囲から自分が理解されていないと思うときがある。
  • 自分が正当に評価されていないと感じることがある。
  • 孤独感や疎外感を感じる瞬間がある。
  • なぜか悲しく感じるときがある。
  • 潜在意識のパワーについて興味がある。
  • 自分の潜在意識のパワーを感じることがある。
  • 何かにつまずいていると感じることがある。
  • 思い描く自分になりたい。自分を変えたい。
  • 自分のやりたいことが見つからない。または迷い悩んでいる。

このようなお悩みをお持ちなら「ヒプノセラピー グリーン」のセッションを試してみてください。一人でも多くの方の悩みをクリアにし、あなた本来のパワーに気づき理想の人生を歩んでもらいたい。

そのためにお役に立てればと思い、このセッションルームを始めました。

私もあなたと同じ視点に立って、一緒に進んでいきます。

お困りごとやお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。