2019/11/10

相手から見た自分、それを知ることは面白い!

 
相手の気持ち

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1976年生まれ、群馬県在住。 ヒプノセラピーの先進国、アメリカ合衆国の中でも長い歴史を誇る、ヒプノセラピーのナンバーワン・プロ団体「NGH」。ナンバーツーの規模を誇る「ABH」の両団体より公式認定されたスクールにて、ベーシック・トレーニング、プロフェッショナル・トレーニング、トレーナー・トレーニングの全コースを修了。 NGH米国催眠士協会、ABH米国催眠療法協会の認定ヒプノセラピスト(催眠療法士)となる。 >>詳しいプロフィールはこちら

相手からどう思われてる?!

相手の気持ち

あなたの人生に関わる人たちの中で、あなたの感情を揺さぶる相手に出会うことがあります。

その相手があなたをどう思っているのか、潜在意識を通じて知ることは、面白い変化をあなたにもたらすかもしれません。

 

エピソード

エピソード

 

女性Eさんは、女性数名のチームリーダーをしています。

少し前に配属されたある部下との関係に、気まずさを感じていました。

その部下は若干向こう見ずな点はありますが、自分の考えをしっかり持ち、仕事も優秀でした。

どちらかと言えばおっとりとした性格が多いチームのメンバーの中で、その部下の彼女は異色の個性を持っていましたが、その優秀さにみんなは惹かれ、彼女を頼りにしていました。

しかし、チームメンバーとして上手くやっている彼女に、Eさんが気まずさを感じるのは、彼女が時折、Eさんを抜きにして、Eさんの上司に掛け合うことでした。

Eさんは、彼女とEさんの上司が、自分をよく思っていないのではと疑心暗鬼になっていました。

Eさんに彼女の印象を尋ねると、Eさん自身も彼女の才能を認めており、チームに新しい発想をもたらしていると感じていました。

しかしEさんは、「相手(部下)からすると、私は判断するのに慎重すぎたり、いろいろな人のことを考えすぎて、彼女をイライラさせていると思う」と言いました。

Eさんのイメージの中で部下の彼女は、Eさんの人格や行動の良し悪しを判断する審判者になっていました。

Eさんにとって、彼女は審判者なのでしょうか?

 

そこでエンプティチェア を使って、彼女はEさんに対してどう感じているのか見ていきます。

彼女はEさんに対して「感情的になってしまう自分とは違って、Eさんは冷静で信頼できる上司。Eさんのチームに来れて嬉しい。でもEさんにもっと頼ってもらいたい。Eさんをサポートしたい。」と答えました。

そしてその部下がEさんに対してイライラする点は、「自分に振るべき仕事を、Eさんは遠慮して一人でやろうとしてしまう。そういう時、もっと頼ればいいと感じてイライラする。」と言いました。

その他にも、「Eさんは完璧な上司を目指しているのか? そんなの求めていない。 もっと弱音や悩みをメンバーに話してみたらどうか?」とも言いました。

どうやら、部下の彼女はEさんの審判者ではなかったようです。

 

 

余談

余談

実はEさんは、エンプティチェア が得意ではありませんでした。

初回のセッションのウォーミングアップでも、中々、エンプティチェア の感覚が掴めず、Eさんのセッションでは、エンプティチェア が使用できませんでした。

しかし今回のセッションでは、自然に受け入れて、深くアソシエイト(その時の感情と一体となった状態)しながら、エンプティチェア を行なっていました。

 

クライアントの方で、エンプティチェア が出来ないことを気にされている方もいますが、自然に出来る時が来たら、セッションに活用していきましょう。

 

 

新しい視点

新しい視点

Eさんに、現在の部下への印象を尋ねると、「頼もしい人。自分に新しい考えを示してくれる人かもしれない。」と答えました。

そして「こういうタイプの人に、好意的に思われるのは嬉しい。」と笑いました。

Eさんにこれから彼女に対してどう接していきたいか?と質問すると、「彼女を怖がらず、ゆっくり接していきたい。自信を持って接したい。」と答えました。

Eさんは彼女に対して新しい視点を手に入れたようです。

Eさんの中で、今後この彼女は審判者から何に変化していくのでしょうか。

 

 

 

こんなお悩みありませんか?

  • いつも特定の人へ過敏に反応して関係がギクシャクする。
  • 周囲から自分が理解されていないと思うときがある。
  • 自分が正当に評価されていないと感じることがある。
  • 孤独感や疎外感を感じる瞬間がある。
  • なぜか悲しく感じるときがある。

  • 潜在意識のパワーについて興味がある。
  • 自分の潜在意識のパワーを感じることがある。
  • 何かにつまずいていると感じることがある。
  • 思い描く自分になりたい。自分を変えたい。
  • 自分のやりたいことが見つからない。または迷い悩んでいる。

このようなお悩みをお持ちなら「ヒプノセラピー グリーン」のセッションを試してみてください。一人でも多くの方の悩みをクリアにし、あなた本来のパワーに気づき理想の人生を歩んでもらいたい。

そのためにお役に立てればと思い、このセッションルームを始めました。

私もあなたと同じ視点に立って、一緒に進んでいきます。

お困りごとやお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1976年生まれ、群馬県在住。 ヒプノセラピーの先進国、アメリカ合衆国の中でも長い歴史を誇る、ヒプノセラピーのナンバーワン・プロ団体「NGH」。ナンバーツーの規模を誇る「ABH」の両団体より公式認定されたスクールにて、ベーシック・トレーニング、プロフェッショナル・トレーニング、トレーナー・トレーニングの全コースを修了。 NGH米国催眠士協会、ABH米国催眠療法協会の認定ヒプノセラピスト(催眠療法士)となる。 >>詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人間関係を紐解く。群馬県の「ヒプノセラピーグリーン」 , 2019 All Rights Reserved.