2018/09/24

潜在意識の移動手段、あなたは徒歩派?それとも。。。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1976年生まれ、群馬県在住。 ヒプノセラピーの先進国、アメリカ合衆国の中でも長い歴史を誇る、ヒプノセラピーのナンバーワン・プロ団体「NGH」。ナンバーツーの規模を誇る「ABH」の両団体より公式認定されたスクールにて、ベーシック・トレーニング、プロフェッショナル・トレーニング、トレーナー・トレーニングの全コースを修了。 NGH米国催眠士協会、ABH米国催眠療法協会の認定ヒプノセラピスト(催眠療法士)となる。 >>詳しいプロフィールはこちら

潜在意識の移動手段とは?

セッションで、あなたの潜在意識にある問題や才能にアクセスしていくとき、ヒプノセラピーの他に、NLPの「タイムラインセラピー 」という手法を使用することもあります。

タイムラインセラピー の特徴は、問題の詳細を知る必要は無く、短時間で原因を手放していきます。

それぞれの手法を、潜在意識を移動する手段に例えるなら、ヒプノセラピーは「目的地まで徒歩で行く」、タイムラインセラピー は「目的地まで高速道路で行く」といった違いがあります。

目的地まで徒歩で行く場合、周囲の景色を体感しながら、途中気になるものがあれば、寄り道することもあります。

目的地まで高速道路で行く場合は、周囲の景色はさほど気にせず、目的地に到着することに集中します。

クライアントの要望に対して、どの手法で対応するかは、セッション中のクライアントの反応、クライアントのセッションの好みによって決めていきます。

 

エピソード

エピソード

女性Nさんは、セッションで、セッションテーマに関連する場面が現れた時、その場面に近づくことが出来ませんでした。

そこで場面を体感することをやめ、タイムラインセラピー に切り替えてセッションを行いました。

その場面とは、Nさんと思われる男性と、若い女性が争っている場面でした。

タイムラインセラピー を使用すると、この場面で何があったか知る必要はありません。

詳細を知らずに、その場面がNさんに及ぼしている影響を取り除いていきます。

 

そのNさんが、前回のセッションで近づくことが出来なかった場面(Nさんらしき男性と若い女性が争っている)で何があったのか、今回体感したいということでした。

最近のNさんは、特定の出来事に対して嫌な気持ちにはなるが、以前のように、ずっと頭から離れず苦しむようなことがなくなっていました。

そして、Nさんは今の自分なら近寄れなかった場面を体感出来そうだと話しました。

 

潜在意識は、その時、本人が一番知るべきものを見せてきます。

今回のNさんのリクエストに対して、Nさんの潜在意識は何を見せてくるのでしょうか?

 

Nさんのガイドに誘導した時、ガイドはNさんのリクエストに対して、困ったような表情をしてきました。

Nさんに、ガイドは乗り気ではなさそうかと尋ねると、Nさんは「そうですね、体感する必要は無いと言っています。」と答えました。

しかしNさんのリクエストは変わりませんでした。

 

 

このセッションでNさんの潜在意識が見せてきたのは、小さな女の子でした。

Nさんは初め、この女の子を知らないと言いましたが、セッションを進める中で、Nさんは「ああ、そうか」と何かにうなづき、「この女の子は小さい時の自分です」と答えました。

Nさんがそう答えると、急に女の子の顔が、子供の頃のNさんに変化し、そしてその女の子はNさんに抱きついてきました。

このセッションでは、前回のあの場面ではなく、Nさんのインナーチャイルドのセッションとなりました。

 

余談

余談

Nさんのように、状況に応じてタイムラインセラピー を使用する場合と、クライアントの方向性の好みから、タイムラインセラピー を使用する場合があります。

男性Lさんは、少しでも早く夢を実現させたいと強く感じていました。

潜在意識の中に、自分の夢を邪魔をしているビリーフ(信念)があれば、すぐ取り除いて、意識を未来の自分に集中させてきました。

Lさんタイプは、タイムラインセラピー が向いています。

このタイプのクライアントは、セッションでも、未来の自分と対話することを好み、その未来を今の自分に結びつけるために何ををすべきか、潜在意識から情報入手することに重点を置きます。

 

新しい世界

新しい世界3

セッション終了後に、Nさんに「あの場面を体感したかったのは、場面のストーリーに興味があったのか、それとも自分の内面の変化を試したかったのか」聞きました。

Nさんは「自分の内面の変化(特定の問題に敏感に反応しなくなったこと)を試してみたかった」と答えました。

Nさんの新しい世界は、以前は目を背けた出来事に対面しようとする世界のようです。

自分の内面に強さを感じると、自分に寄りかかれるようになり、心を緩めることが出来ます。
そういう安心感も、またいいものです。

 

こんなお悩みありませんか?

  • いつも特定の人へ過敏に反応して関係がギクシャクする。
  • 周囲から自分が理解されていないと思うときがある。
  • 自分が正当に評価されていないと感じることがある。
  • 孤独感や疎外感を感じる瞬間がある。
  • なぜか悲しく感じるときがある。

  • 潜在意識のパワーについて興味がある。
  • 自分の潜在意識のパワーを感じることがある。
  • 何かにつまずいていると感じることがある。
  • 思い描く自分になりたい。自分を変えたい。
  • 自分のやりたいことが見つからない。または迷い悩んでいる。

このようなお悩みをお持ちなら「ヒプノセラピー グリーン」のセッションを試してみてください。一人でも多くの方の悩みをクリアにし、あなた本来のパワーに気づき理想の人生を歩んでもらいたい。

そのためにお役に立てればと思い、このセッションルームを始めました。

私もあなたと同じ視点に立って、一緒に進んでいきます。

お困りごとやお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1976年生まれ、群馬県在住。 ヒプノセラピーの先進国、アメリカ合衆国の中でも長い歴史を誇る、ヒプノセラピーのナンバーワン・プロ団体「NGH」。ナンバーツーの規模を誇る「ABH」の両団体より公式認定されたスクールにて、ベーシック・トレーニング、プロフェッショナル・トレーニング、トレーナー・トレーニングの全コースを修了。 NGH米国催眠士協会、ABH米国催眠療法協会の認定ヒプノセラピスト(催眠療法士)となる。 >>詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人間関係を紐解く。群馬県の「ヒプノセラピーグリーン」 , 2018 All Rights Reserved.