記憶というタイムカプセル

 
タイムカプセル

この記事を書いている人 - WRITER -
1976年生まれ、群馬県在住。 ヒプノセラピーの先進国、アメリカ合衆国の中でも長い歴史を誇る、ヒプノセラピーのナンバーワン・プロ団体「NGH」。ナンバーツーの規模を誇る「ABH」の両団体より公式認定されたスクールにて、ベーシック・トレーニング、プロフェッショナル・トレーニング、トレーナー・トレーニングの全コースを修了。 NGH米国催眠士協会、ABH米国催眠療法協会の認定ヒプノセラピスト(催眠療法士)となる。 >>詳しいプロフィールはこちら

タイムカプセルのような記憶とは?

タイムカプセル

以前の記憶が、ある日、鮮明に思い出されるとき、こんなにもハッキリとした記憶なのに、なぜ忘れていたのか不思議に思うことがあるかもしれません。

もしかすると、それは忘れていたのでは無く、今思い出すように、あなたが設定したタイムカプセルの可能性もあります。

エピソード

エピソード 男性

男性Dさんは、ヒプノセラピーに興味が湧き、セッションを受けに来ました。

特に日常で気になることも無く、自分の潜在意識とアクセスしてみたいということでした。

セッションでDさんのガイドに誘導していく途中、思わぬ事が起きました。

Dさんは、なぜか会社帰りに見上げた夜空の場面に移動しました。

「夜空に何を見ているのか」と尋ねると「いつも目にする、動く光を見ている」と答えました。

動く光の様子を尋ねると、「どっかの店の照明が雲に反射しているんじゃないかな。。。。イヤ、違うって声がします。」。

 

この後、Dさんの意識はある星に移動していきます。

そしてその星で、数人の存在に会ったとき、Dさんは困惑した声で、「この中に、あなた(私)が居る、でも男性っぽいです」と言いました。

そしてDさんはその星について、「緑に溢れ、人々はテレパシーで繋がり、みんなが幸せ」と話しました。

Dさんに、「その星はその後、どうなったと感じますか?」と質問すると、「・・・爆破?されてなくなってしまったようです」と答えました。

 

私がヒプノセラピーを受けた時、M9※銀河の星にいました。その星は、ある時空から来た入植者達を受け入れた後、互いの感性の違いから共存出来ず、地球にも存在するある元素を基にした爆弾の実験場として、入植者達によって文明が滅ぼされました。

この星は、植物とテクノロジーが融合した、滅ぶには惜しい、美しい星でしたが、滅んだ原因は、その星の住民達が「分離、恐怖、差別、疑う」という感覚を持っていなかったからでした。

その星の住民達の特質を例えるなら、ネガティブを知った上でのポジティブではなく、ポジティブしか知らないポジティブでした。

様々な概念への対応力を、まだ得ていない種族でした。

入植者たちとの共存は、自分達とは異なる概念を知り、それも創造の一つの側面として捉え、その上でどういう選択をするか、考えていくチャンスだったのかも知れませんが、そうなりませんでした。

そして、入植者についての通達はあったのに、交流のあったどこからも、最後まで支援の介入が無かったのは、学びと成熟のサイクルとして、合意を得た崩壊だったのかも知れません。

物質的な意味でのM9※銀河は、現在の地球からも確認できます。地球からの距離は約6000万光年で、明るさは10等級と暗く、ぼんやりと淡い、楕円形の銀河です。

 

 

Dさんが説明する情景から、Dさんはこの星の住民だったようです。Dさんの潜在意識は、今回なぜ、この星を見せてきたのでしょうか?

 

 

Dさんはこの星の記憶をキッカケに、今回の人生で起きた、ある出来事を思い出しました。

Dさんは8歳の時、窓の外に金属の塊のような乗り物を見ました。

そしてその乗り物から、数人の存在が降りて来て、Dさんと会話をしました。

その事を今まで忘れていたようです。

そして、その時の会話から、Dさんはこの人生に入る前に、仲間としたある約束を思い出しました。

Dさんは「なんでこんなハッキリとした記憶を、今まで忘れていたんだろう?」と不思議がりました。

そこでエンプティチェア を使って、8歳のDさんに、なぜ忘れていたのか質問すると、「忘れるんじゃないよ、決めた時になったらわかるようにするから」と答えました。

 

余談

余談

Dさんには、この星が滅んだ時の記憶はありませんでした。

あの時、事前に爆破を知っていたのは、エネルギーの運搬に関わっていた者でした。

その者達は、爆破後の虚無の星を見ることになりますが、Dさんにとってこの星の記憶は、みんなが1つにまとまり、互いに労わりあう心地よさの象徴として記録されていました。

各人が、自分のサイクルの中で、あの星での情報(経験)をどのようなシンボルとして残すのか、様々な選択をしたように思います。

影響し合う空間(時間軸)が近づくとき、出発点だったシンボルに現在のポジションから変化を与えると、始まりと終わりが繋がって同時進行形になり、新しいシンボルが誕生します。

そして以前のシンボルは、1つの可能性として別の空間(時間軸)に移動します。

現在のあなたとペアを組む空間(時間軸)が変更されます。

 

ギフト

男性の笑顔1

これまでDさんは、夜空に動く光を見ると、「何か分からなかったが、親近感があり、日常的に受け入れていた」と言いました。

今回、思い出した約束は、Dさんが1人心の中で温めてきた計画でした。

そしてあの星での心地よさは、Dさんの計画のベースになる感覚でした。

Dさんが設定したタイムカプセルは、夢の後押しというギフトだったようです。

 

 

こんなお悩みありませんか?

  • いつも特定の人へ過敏に反応して関係がギクシャクする。
  • 周囲から自分が理解されていないと思うときがある。
  • 自分が正当に評価されていないと感じることがある。
  • 孤独感や疎外感を感じる瞬間がある。
  • なぜか悲しく感じるときがある。

  • 潜在意識のパワーについて興味がある。
  • 自分の潜在意識のパワーを感じることがある。
  • 何かにつまずいていると感じることがある。
  • 思い描く自分になりたい。自分を変えたい。
  • 自分のやりたいことが見つからない。または迷い悩んでいる。

このようなお悩みをお持ちなら「ヒプノセラピー グリーン」のセッションを試してみてください。一人でも多くの方の悩みをクリアにし、あなた本来のパワーに気づき理想の人生を歩んでもらいたい。

そのためにお役に立てればと思い、このセッションルームを始めました。

私もあなたと同じ視点に立って、一緒に進んでいきます。

お困りごとやお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1976年生まれ、群馬県在住。 ヒプノセラピーの先進国、アメリカ合衆国の中でも長い歴史を誇る、ヒプノセラピーのナンバーワン・プロ団体「NGH」。ナンバーツーの規模を誇る「ABH」の両団体より公式認定されたスクールにて、ベーシック・トレーニング、プロフェッショナル・トレーニング、トレーナー・トレーニングの全コースを修了。 NGH米国催眠士協会、ABH米国催眠療法協会の認定ヒプノセラピスト(催眠療法士)となる。 >>詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人間関係を紐解く。群馬県の「ヒプノセラピーグリーン」 , 2018 All Rights Reserved.